蜜都宝林のあるところ

花から花へ飛び回ろう♪

来春まで巣枠式に入れ替えない予定

2018年7月30日 author: mitohorin

今年は、日本ミツバチが重箱に入居したら、なるべく早く、巣枠式巣箱へ移し替えをするようにしていた

巣枠式巣箱に移せれば、巣箱を安全に移動することができ、その場所(=日本ミツバチの入居実績のある場所)に、また待ち箱を置けるのでね

ただ、重箱巣箱を解体して、巣枠式に変えるのは、逃去のリスクも大いにある

実際、1群逃げた・・
いや2群か?(これは戻ってきたけど)

DSC03295

この、戻ってきた逃去群の入った重箱、すぐには巣枠式に移し替えないことにした

昨年までは、日本ミツバチの巣箱の移し替えをとても慎重に考えていて、ミツバチが重箱に入居してくれたら、そのまま、そこで飼い続け、翌年の早春、必要に応じて巣箱を移動したり、巣枠式に移し替えたりするようにしていたんだけど、今回は、このやり方でいこうと思う

ただ、この重箱、昨年のものと、外観は同じなんだけど、中身がちょっと違うんだな〜

じつは、巣落ち防止棒を入れてないのだ!

小さめサイズの重箱なので、巣落ちはしにくいのだが、やはり移動には慎重にならざるをえない

巣箱の入れ替え作業は、来年の春、この場所で行うことになるだろう

Updated

管理者用:ログイン

Search

Information

  • History
  • 0-〈目次〉 1-土地との出会い 2-開墾レポート 3-和蜂が来た 4-ミツバチ保護 5-やさしい養蜂宣言

  • Beekeeping
  • Journal
  • Tag

    2014リンゴ箱群 2014味噌ダル本家群 2015椿わき群 2016崖っぷち群 2016杉二股群 2016桜古木群 Chromebook iPhone5s mineo Zenfone Selfie お花畑 きのこ こぼれ種 だれとでも定額パス アゲラタム アシナガバチ アジサイ アズキ アミガサタケ アロエ アロエ・バーケリー アーティチョーク エキナセア オオスズメバチ オオダイコンソウ オカノリ オカメザサ オキザリス オシロイバナ オリーブ オーデコロンミント カキ カモミール カラミンサ カランコエ ガールマグノリア キイロスズメバチ キク キツネノマゴ キャットミント キワーノ キンシバイ キンリョウヘン クジャク クフェア クリ クリスマスローズ クリムソンクローバー クローバー グラパラリーフ ケール ゲンノショウコ コアジサイ コウゾ コキア コスモス コムギ コモチレンゲ コリウス コンニャク コンパクトコレオプシス・シトリーン コンフリー サイハイラン サカキ サザンクロス サツマイモ サルスベリ サンショウ シソ シルバーティーツリー ジャーキー スイカズラ スカシユリ スズメバチ対策 ステップゲート スペアミント スミレ セイヨウミツバチ セミ センニンソウ ソバ タイタンビカス タヒバリ ダンギク チェリーセージ チョウ ツバキ ツルニチニチソウ ドクダミ ナンテン ニシキギ ニホンミツバチ ネズミモチ ノウゼンカズラ ノビル ハイスピード動画 ハギ ハクチョウゲ ハス ハチミツ ハマナス ハルシャギク ハーブ ハーブガーデン ハーブチンキ バイオチェリー バラ パンジー ヒマワリ ヒメヒオウギズイセン ヒュウガトウキ ビカクシダ ブラックベリー ブルーベリー プチマレンギ プラム プラム大石 ヘビイチゴ ペトリエ ペンタス ホオズキ ホトトギス ホルディウム・ユバツム ホワイトセージ マンデビラ ミツバ ミツバチ☆訪花☆ ミツバチレスキュー ミツバチ自然巣 ミニトマト ミント ムカゴ ムラサキハナナ メジロ モクレン ヤブマメ ラベンダー ルッコラ レンゲ ローズマリー 丁寧な内検 中年の門番 分蜂捕獲 切り抜き 園芸店 多肉植物 安納こがね 巣箱作り 干し芋 手作り養蜂具 田んぼ 盛り上げ巣 種とり 紅はるか 脚立温室 菜の花 菜園 車窓より 逃去 野草茶 青汁 飛鳥野萩 食用ホオズキ 養蜂道具

    Archive

    Latest