蜜都宝林のあるところ

花から花へ飛び回ろう♪

スズメバチ対策

キイロスズメバチを集団で襲うミツバチ

2017年9月18日 author: mitohorin

観察していると、9mm目のネットをくぐるとき、ミツバチは少しモゾモゾするのだが、その場面を狙って、キイロスズメバチがミツバチを捕まえていく

なので、9mm目のネットの上から、ミツバチが素通りできる16mm目のネットをかけて、キイロスズメバチの動きを妨害することにした

で、効果のほどは・・

数日前に16mm目のネットをかけた直後、しばらく見てたんだけど、まあ、これでもときどき、ミツバチは捕まってしまっていた

ザックリと、ネットを2重にしているだけだから、場所によっては、キイロスズメバチの動きをあんまり妨害できてなかったり、スペースが空きすぎて、そこでキイロスズメバチが普通に飛んでしまったりする

その後、16mm目のネットをかけたせいで、ちょっとした問題(この記事の追記を参照)も起きたりしたけど、なんとか調整方法も分かったから、そのまま2重ネットにして、さらに様子を見ていた

そしたら、今日、こんなことが起きた!

DSC01322

これは、7枚箱2段の強群のセイヨウさん

9mm目のネットと16mm目のネットの間で、キイロスズメバチを襲っている真っ最中!

もう一か所、下の方でも、キイロスズメバチが2匹、殺されてた

DSC01320

今年は、ニホンミツバチも2重ネット作戦(こちらは柔らかめの9mmネットと亀甲金網の組み合わせ)で、大いにキイロスズメバチを打ち負かしているところだけど、セイヨウミツバチも、けっこうやればできるじゃない!

面白かったのは、キイロスズメバチのやっつけ方は、日本ミツバチと西洋ミツバチでは、ぜんぜん違ってたってこと

ニホンミツバチは、きれいに、まん丸の塊になって熱殺するんだけど、セイヨウミツバチは、一生懸命、何匹もが代わる代わる毒針を刺して、キイロスズメバチを弱らせていくような感じだった

ただ、キイロスズメバチって、ミツバチを1匹ずつ捕まえて持ち帰っていく程度の悪さしかしない

セイヨウミツバチが集団でキイロスズメバチを包囲すると、ミツバチも必ず5〜6匹は巻き添えになる

「セイヨウミツバチさん、案外、キイロスズメバチも、ほっといたほうが被害少ないかもよ」と、私は言いたくなっている (^-^;

オオスズメバチとの闘いは終わった?

2017年9月12日 author: mitohorin

これまでの苦労は何だったんだろう?
2017年9月の私のセイヨウミツバチの蜂場

薄いピンクの飛鳥野萩がきれいだ〜♪

じゃなくて・・

巣箱にかけた、白いヴェールが美しい?

解説しよう!

IMG_7775

今日も、オオスズメバチが何匹も蜂場をうろついてはいる

巣箱近くの空中でミツバチを捕まえたり、ときには網に止まってミツバチをかみ殺すこともある

けれど、ここには、オオスズメバチが集団でやって来ない!

たしかに、勢いのある群だと、ネットの上で、セイヨウミツバチが20匹くらい集まってしまう場所ができることがある

ミツバチがこれだけ網に集まっていたら、セイヨウミツバチを飼ったことのある人なら思うはずだ

「すぐオオスズメバチの大量殺戮に合っちゃうでしょ〜?」と

でも、このネットの上では、オオスズメバチの集団攻撃が起こらない!

背後の網の目のうち、ミツバチがどこから顔を出すか分からないから、オオスズメバチは、ミツバチの不意打ちに会うのを怖れて、落ち着いてここに陣取れないでいる

オオスズメバチにやられにくい、もうひとつの理由は、セイヨウミツバチが、さすがに、ネットの上を、巣門のように必死で守ろうという気持ちがないせいだと思う

もちろん、ミツバチが何十匹か集まっていれば、オオスズメバチがやってきて、そこにいるミツバチを10匹くらいは嚙み殺す

そうこうしてるうちに、ミツバチは散り散りになるわけだけど、そのあと、ムキになって、またミツバチがそこに集まってくるというようなことがないので、それ以上の被害が生じないのだ

オオスズメバチだって、割に合わない狩場には、それなりのエネルギーしか注がない

頭いいんだよ〜、オオスズメバチって! (*^-^*)

▽▽▽ 9月18日追記 ▽▽▽

オオスズメバチよりも、キイロスズメバチが1匹ずつミツバチを捕まえて飛び去っていくのが気になる

DSC01253

モゾモゾと網をくぐろうとしてるとき、捕まってしまうミツバチ (> <)

そこで、9/14、キイロスズメバチ対策に、9mm目のネットの上から、16mm目のネットをかけた

DSC01266

が、その翌日(9/15)に見に行ったら、なんと、オオスズメバチが5匹くらい、9mm目ネット上で、たむろしていた!

この巣箱に限ったことなのだが、ネットと巣門が近くなりすぎてしまっていて、オオスズメバチを呼び寄せたのだと思う

それと、おそらく、オオスズメバチたちは、16mm目のネットをくぐれたという達成感から、あきらめないで9mm目ネットを突破しよう(かじって穴を開けてしまおう!)という気になったみたいだ

ていねいにネットをかけなおし、トンネル型の園芸支柱をもう一つ追加して、巣箱から距離をとった

今日、見に行ったら、もう、オオスズメバチが張り付く様子はなかった
本当に、オオスズメバチとの闘いは、終わったのかもしれない (^-^)

2017年秋、オオスズメバチが集団でやってきた日!

2017年9月11日 author: mitohorin

ついに今日、オオスズメバチが集団で来ていた!

DSC01232

「中年の門番」の斜面に張り付いていたミツバチ、たぶん100匹くらい噛み殺されている (>_<)

見に行ったのは、夕方5時半ごろで、4〜5匹のオオスズメバチが斜面に止まっていた

代わる代わるやってきては、ミツバチを自分たちの巣に持ち帰っている最中

オオスズメバチは、すでにここを、完全にエサ場と見なしているようで、座って観察してたら、1匹、ホバリングしつつ、しっかり私の目を見つめながら、「あなた、出て行ったほうがいいわよ」と、カチカチ顎を鳴らした

「わかりました、すみませんでした」と謝り、その場を静かに離れたが、このままにしておくわけにはいかない

とりあえず、粘着マットでオオスズメバチを10匹くらい捕まえて、その後、すべての巣箱に、用意しておいた9mm目のネットをかけた!

いよいよ、今年のオオスズメバチ対策、大本命の実験の始まりだ〜 (^-^)

Information

  • History
  • 0-〈目次〉 1-土地との出会い 2-開墾レポート 3-和蜂が来た 4-ミツバチ保護 5-やさしい養蜂宣言

    管理者用:ログイン

    Latest

    Search

  • Beekeeping
  • Journal
  • Tag

    2014リンゴ箱群 2014味噌ダル本家群 2015椿わき群 2016崖っぷち群 2016杉二股群 2016桜古木群 Chromebook iPhone5s mineo Zenfone Selfie お花畑 こぼれ種 だれとでも定額パス アゲラタム アシナガバチ アジサイ アズキ アミガサタケ アロエ アロエ・バーケリー アーティチョーク エキナセア オオスズメバチ オオダイコンソウ オカノリ オカメザサ オキザリス オシロイバナ オリーブ オーデコロンミント カキ カモミール カラミンサ カランコエ ガールマグノリア キイロスズメバチ キク キツネノマゴ キャットミント キワーノ キンシバイ キンリョウヘン クジャク クフェア クリ クリスマスローズ クリムソンクローバー クローバー グラパラリーフ ケール ゲンノショウコ コアジサイ コウゾ コキア コスモス コムギ コモチレンゲ コリウス コンニャク コンパクトコレオプシス・シトリーン コンフリー サイハイラン サカキ サザンクロス サツマイモ サルスベリ サンショウ シソ シルバーティーツリー ジャーキー スイカズラ スカシユリ スズメバチ対策 ステップゲート スペアミント スミレ セイヨウミツバチ セミ センニンソウ ソバ タヒバリ ダンギク チェリーセージ チョウ ツバキ ツルニチニチソウ ドクダミ ナンテン ニシキギ ニホンミツバチ ネズミモチ ノウゼンカズラ ノビル ハイスピード動画 ハギ ハクチョウゲ ハス ハチミツ ハマナス ハルシャギク ハーブ ハーブガーデン ハーブチンキ バラ パンジー ヒマワリ ヒメヒオウギズイセン ヒュウガトウキ ビカクシダ ブラックベリー ブルーベリー プチマレンギ プラム プラム大石 ヘビイチゴ ペトリエ ペンタス ホオズキ ホトトギス ホルディウム・ユバツム ホワイトセージ マンデビラ ミツバ ミツバチ☆訪花☆ ミツバチレスキュー ミツバチ自然巣 ミニトマト ミント ムカゴ ムラサキハナナ メジロ モクレン ヤブマメ ラベンダー ルッコラ レンゲ ローズマリー 丁寧な内検 中年の門番 分蜂捕獲 切り抜き 園芸店 多肉植物 安納こがね 巣箱作り 干し芋 手作り養蜂具 田んぼ 盛り上げ巣 種とり 紅はるか 脚立温室 菜の花 菜園 車窓より 野草茶 青汁 飛鳥野萩 食用ホオズキ 養蜂道具

    Archive