蜜都宝林のあるところ

花から花へ飛び回ろう♪

紅はるか

干し芋づくり紅はるか

2016年2月11日 author: mitohorin

十分に蒸したイモを切って並べたところ
安納芋より明るい黄色で、 あんまりベタベタしない

今年、お店で見かける干し芋は、「べにはるか」ばかりだった

P_20160210_225855

干し芋を手作りしてみて、その理由がわかったような気がした

●皮が硬めで芋に傷が付きにくい
●皮を剥きやすい(普通、干し芋を作るときは皮をむく)
●切ったとき、芋が崩れにくい
●蒸し上がったときの色は明るくキレイなレモンイエローで、完成品となっても、その明るい雰囲気は保たれる
●さっぱりとした見かけだが、食べると干し芋らしいねっとり感もある

昔ながらの干し芋品種の「泉13号」なんかは、出来上がりが、どんよりとした色合いで、見た目では「いまどき」じゃないのかもしれない(個人的には「泉13号」の干し芋は大好き♪)

P_20160210_180425

商品として販売するための大量生産なら「べにはるか」
この品種で間違いないだろう (^-^)

話が逸れた・・

P_20160211_124940

はい、「べにはるか」
干し芋の出来上がり〜〜

乾燥後は色が濃くなるが、それでも透明感のある黄色を保っている
裂くようにスライスしてるけど、断面がなめらかだ

それにしても・・

「べにはるか」の干し芋、何個か買って食べたけど、
やはり、手作りは、桁違いにおいしいーー

私は、買って食べる干し芋は、生で食べるのが好きだったけど、うちで作った干し芋は、トースターであぶって食べている

なぜか?

干し芋の甘みって、冷たい方が感じる甘みだと思う(だから生で食べてた)
うちで作った干し芋は、温めても甘みが物足らなくならない
あぶっても、風味が残っているからだと思う

ま、とにかく、おいしいんだよ〜〜

玉豊、玉乙女も、定番ほしいも品種! あんまり売ってない?
というか、品種名を主張しない方たちなんだと思う (^-^;

Information

管理者用:ログイン

Latest

Search

  • Beekeeping
  • Category
  • Tag

    2014リンゴ箱群 2014味噌ダル本家群 2015椿わき群 2016崖っぷち群 2016杉二股群 2016桜古木群 Chromebook iPhone5s mineo Zenfone Selfie お花畑 こぼれ種 だれとでも定額パス アゲラタム アシナガバチ アズキ アミガサタケ アロエ アロエ・バーケリー アーティチョーク エキナセア オオスズメバチ オオダイコンソウ オカノリ オカメザサ オキザリス オシロイバナ オリーブ オーデコロンミント カキ カモミール カラミンサ カランコエ ガールマグノリア キイロスズメバチ キク キツネノマゴ キャットミント キワーノ キンシバイ キンリョウヘン クジャク クフェア クリ クリスマスローズ クリムソンクローバー クローバー グラパラリーフ ケール ゲンノショウコ コアジサイ コキア コスモス コムギ コモチレンゲ コリウス コンニャク コンパクトコレオプシス・シトリーン コンフリー サイハイラン サカキ サザンクロス サツマイモ サルスベリ サンショウ シソ シルバーティーツリー ジャーキー スイカズラ スカシユリ スズメバチ対策 ステップゲート スペアミント スミレ セイヨウミツバチ セミ センニンソウ ソバ タヒバリ ダンギク チェリーセージ チョウ ツバキ ツルニチニチソウ ドクダミ ナンテン ニシキギ ニホンミツバチ ネズミモチ ノウゼンカズラ ノビル ハイスピード動画 ハギ ハクチョウゲ ハス ハチミツ ハマナス ハルシャギク ハーブ ハーブガーデン ハーブチンキ バラ パンジー ヒマワリ ヒメヒオウギズイセン ヒュウガトウキ ビカクシダ ブラックベリー ブルーベリー プチマレンギ プラム プラム大石 ヘビイチゴ ペトリエ ペンタス ホオズキ ホトトギス ホルディウム・ユバツム ホワイトセージ マンデビラ ミツバ ミツバチ☆訪花☆ ミツバチレスキュー ミツバチ自然巣 ミニトマト ミント ムカゴ ムラサキハナナ モクレン ヤブマメ ラベンダー ルッコラ レンゲ ローズマリー 丁寧な内検 中年の門番 分蜂捕獲 切り抜き 園芸店 多肉植物 安納こがね 巣箱作り 干し芋 手作り養蜂具 田んぼ 盛り上げ巣 種とり 紅はるか 脚立温室 菜の花 菜園 車窓より 野草茶 青汁 飛鳥野萩 食用ホオズキ 養蜂道具

  • History
  • Archive

    Updated(追記/修正/更新)