1. TOP
  2. Beekeeping
  3. 養蜂2018
  4. 防護服という安心感を身にまとおう!

防護服という安心感を身にまとおう!

author: mitohorin

私は、ミツバチを落ち着いて観察したいので、
かならず、防護服を着ます!

IMG_0563

防護ジャケットですが、あまり薄い生地のものだと・・

暑い時期、汗をかくと、布が肌にくっついて、
ミツバチの針がカンタンに肌に届いてしまいます。

ワンシーズン使っただけで、布地が擦り切れて、
帽子部分のワイヤーが飛び出したり。

裾や袖口のゴムも、劣化しやすかったり、
すぐにゆるゆるになったりもします。

値段と品質のバランスの良さそうなものを選んでみました。

[Amazon’s Choice] Decdeal 養蜂ジャケット

【ノーブランド品】プロ防護服 養蜂ジャケット

[PEGAZOU(ペガ蔵) ]養蜂 防護服

安いものでも、自分で少し手直ししたりして工夫すると、
より快適に使える可能性もあると思います。

補修が面倒な人は、多少値段が高くても、
しっかり作られているものを購入しましょう。

管理者用:ログイン