蜜都宝林のあるところ

ミツバチに「やさしい」養蜂はじめよう(*'‐'*)♪

面布(めんぷ)も、何でもいいわけじゃない!

2018年11月11日 author: mitohorin

顔を守る網=面布(めんぷ)ですが、
やはり、養蜂のために作られた品は、
よくできています。

ミツバチの性質を考えて、
ミツバチが侵入してこないような構造、
体へのフィットのさせ方が優れているのです。

面布には、ヒモというかゴムが付いていて、
それを巻き付けるようにして、かぶるわけですが、
私も、はじめて、この面布を使ったとき、
どうやって身につけたらいいのか、わかりませんでした (^^;

昔ながらの養蜂店で取り扱っている、養蜂専用の網は、
さすがに丈夫で長持ちします。

アミラン面布です。ほら、網の裾にご注目!

アミラン面布(帽子無し)

ちょっと面白い縛り方をしているでしょう?
これなら、ミツバチが這い上がってきません。

虫除けヘッドカバー

よく見てください。こちらは、ミツバチ作業には向かない網です。
裾部分を身体に沿わすことができない。

それから、安物の金網面布は、金網が端から飛び出てきたりして
痛いし、危険なので注意してください (> <)

こちらの金網面布なら、大丈夫です。

四方金網面布(帽子無し)

私は、上の金網面布を使って、防護ジャケットを自作しました (^-^)

IMG_2940

どんな防護服や面布を使っていても、かならず、ミツバチの世話を始める前に、それが十分に、ミツバチの針から自分を守るという機能を果たしているかをチェックすることを忘れないようにしましょう!

Information

Search

  • Beekeeping
  • Journal
  • Tag

    2014リンゴ箱群 2014味噌ダル本家群 2015椿わき群 2016崖っぷち群 2016杉二股群 2016桜古木群 Chromebook iPhone5s mineo Zenfone Selfie おすすめ おすすめの本 お花畑 きのこ こぼれ種 だれとでも定額パス ていねいな世話 アゲラタム アシナガバチ アジサイ アズキ アミガサタケ アリウム アロエ アロエ・バーケリー アーティチョーク ウメ エキナセア オオスズメバチ オオダイコンソウ オカノリ オカメザサ オキザリス オシロイバナ オリーブ オーデコロンミント カキ カモミール カラミンサ カランコエ ガールマグノリア キイロスズメバチ キク キツネノマゴ キャットミント キワーノ キンシバイ キンリョウヘン クジャク クフェア クリ クリスマスローズ クリムソンクローバー クローバー グラパラリーフ ケール ゲンノショウコ コアジサイ コウゾ コキア コクチョウ コスモス コヒガンバナ コムギ コモチレンゲ コリウス コンニャク コンパクトコレオプシス・シトリーン コンフリー サイハイラン サカキ サザンクロス サツマイモ サルスベリ サンショウ シソ シルバーティーツリー ジャーキー スイカズラ スカシユリ スズメバチ対策 スペアミント スミレ セイヨウミツバチ セミ センニンソウ ソバ タイタンビカス タヒバリ ダンギク チェリーセージ チョウ ツバキ ツルニチニチソウ ドクダミ ナンテン ニシキギ ニホンミツバチ ネギ ネズミモチ ノウゼンカズラ ノビル ハイスピード動画 ハギ ハクチョウゲ ハス ハマナス ハルシャギク ハーブ ハーブガーデン ハーブチンキ バイオチェリー バラ パンジー ヒイラギナンテン ヒマワリ ヒメヒオウギズイセン ヒュウガトウキ ビカクシダ ブラックベリー ブルーベリー プチマレンギ プラム プラム大石 ヘビイチゴ ペトリエ ペンタス ホオズキ ホトトギス ホルディウム・ユバツム ホワイトセージ マルハナバチ マルバストラム マンデビラ ミツバ ミツバチ☆訪花☆ ミツバチレスキュー ミツバチ自然巣 ミニトマト ミント ムカゴ ムラサキハナナ メジロ メスレー モクレン ヤギ ヤブマメ ラベンダー ルッコラ レンゲ ローズマリー 分蜂捕獲 切り抜き 園芸店 多肉植物 安納こがね 山椒 巣箱づくり 干し芋 楽しむハチミツ 田んぼ 盛り上げ巣 種とり 紅はるか 脚立温室 菜の花 菜園 蜜源植物 車窓より 逃去 野草茶 青汁 飛鳥野萩 食用ホオズキ 養蜂道具

    Archive

  • History
  • Latest

    管理者用:ログイン