養蜂2019

Gaia Beesの人

数日前、何を調べてたのかは忘れたが、ロイターの

ミツバチ保護に新手法、カギは「再野生化」 米加州

という記事を見つけた

動画があって、見ていたら、登場するティールさんという養蜂家は、Gaia BeesのMichael Thiele氏だった。

さらに、このことについてネットで調べたら、こんな記事が・・

Behold the bare-handed bee whisperer who is saving the honeybees

英語なんだけど、とくに私が心を打たれたのは、こちらの文章の後半。

In 2017, he founded Apis Arborea as a resource for all things apiculture and to share knowledge about the essential role of bees and their rewilding. He does not farm the honey the bees produce unless the colony leaves the hive or dies, he told Ross.

Melissa Breyer October 24, 2019 Treehugger.com

簡単に言うと、
ハチミツの収穫は、ミツバチがいなくなるまでしない

ふつうの人が聞いたら、「???」て感じだろう。

だけどこれ、私も同感なのだ!

じつは、ミツバチからハチミツをもらうって、もしかしたら、いなくなった後でも十分なんじゃないかなぁと思い始めていた。

私の中では、ミツバチを奴隷扱いする時代はとっくに終わっている

本気で実践していくと、かならず、採蜜の問題に行き着く。

ハチミツは、ミツバチから奪うものじゃなくて、ミツバチと仲良くなったときにもらえる「プレゼント」ということになるのだが、それは、言葉の雰囲気のようなものじゃなく、本当に、ハチをまったく傷つけず、ハチに涙を流させずにいただく、ということしかできなくなるという意味だ

ミツバチをかわいがっているという人は、あまたいるけど、なんとなくの飼い方で、なんとなくの常識で、ミツバチから搾取するのがフツーになってるとしたら、それは、やっぱりどこか、自分の中の大切なものを無視してると思う

ミツバチにウソは通用しない。自分にもウソが通用しないのと同じように‥