1. TOP
  2. Beekeeping
  3. 養蜂2018
  4. 【動画解説】重箱からミニ巣枠巣箱へ入れ替えたが・・

【動画解説】重箱からミニ巣枠巣箱へ入れ替えたが・・

author: mitohorin

重箱からミニ巣枠巣箱へ入れ替えの解説!

昨年入居の重箱群下見(2018/03/10)

この群は、昨年(2017年)5月に、この場所へ入居した日本ミツバチ。

そのまま、重箱で飼ってきた。

巣かじりして落とした巣板が見える。点検口ギリギリまで、巣を伸ばしている。

まん丸、いい蜂球♪

重箱からミニ巣枠巣箱へ入れ替え(2018/03/12)

いよいよ、巣枠式巣箱に入れ替える。

今回は、(点検口のある)土台部分に別の開口のない箱を取り付け、ミツバチの巣のある重箱を乗せて、逆さまにし、巣にいる蜂をそちらへ追い込んだ。

蜂のいぬ間に作業。

重箱を解体していく。

まずい、かなり育児が進んでいる!

でも、あとには引けず、すべての巣をミニ巣枠に取り付けた (-_-)

卵、幼虫、サナギが多くって、今回用意したミニ巣枠だと、窮屈な感じがする。

気になる〜〜

ミニ巣枠がイヤで、普通の巣枠に変更(2018/03/24)

どうも、ミニ巣枠では扱いづらそうに感じて、普通の(西洋ミツバチ用の)巣枠に変更することにした。

ミニ巣枠から取り外した巣を、パズルみたいに並べて、普通サイズの巣枠に輪ゴムで固定していく。

なんか、スッキリした (^o^)

2日後に内検してみた(2018/03/26)

順調に巣を巣枠にくっつけ始めている。

これにて、やっと、重箱→ミニ巣枠→巣枠式巣箱、入れ替え完了!

動画は、ミニ巣枠への入れ替えまでの様子です!

今回の画像では、巣を巣枠に固定するために、輪ゴムを使っているが、現在は使わないようにしている。巣を取り付けるときは、輪ゴムだと手早くできていいのだが、この輪ゴムを取り外す際に、蜂を騒がせやすいので!

取り付けに多少手間はかかるけど、ミツバチが自力で嚙み切れる天然素材のヒモがおすすめ!

管理者用:ログイン