1. TOP
  2. Journal
  3. 文章もの
  4. やさしくなかった養蜂-1

やさしくなかった養蜂-1

author: mitohorin

西洋ミツバチを飼っていたころ、

うれしいはずの強群の世話が、
じつは一番気が重かった

たくさんのミツバチがいる「強群」からは、
ハチミツもたくさん採れるというのに・・

内検のたびに、ハチが溢れるように巣箱から出てきて、
巣箱のフタの開け閉め、巣枠の上げ下げのたびに、

何匹も何匹もハチを潰す

巣箱の中で、

自分たちに最適な住まいを
絶え間なく作っているミツバチ

に対して、

私が管理しやすいようにする作業は、いつも、
ハチにとっては「地獄絵巻」の始まりでしかなかった

たしかに、ミツバチの外敵と言われている生き物って、
けっこういる

でも、そのほとんどは、
ミツバチを1匹ずつ捕まえて持ち去っていく程度

「あなたのほうが、よっぽどミツバチ殺してますよ」

だれかが耳元でささやいた (> <)

» Next

管理者用:ログイン