蜜都宝林のあるところ

ミツバチに「やさしい」養蜂はじめよう(*'‐'*)♪

スズメバチ電気柵はやめた

2017年9月5日 author: mitohorin

昨年は、自作の電気柵を使って、オオスズメバチ対策をした

P_20161005_124613

その感想をひとことで言うと・・
「すごくオオスズメバチが、かわいそうだったー (> <)」

電気柵に使っていたのは「写ルンです」から抜き取ったコンデンサーで、出てくる電圧は、およそ300ボルトあった

P_20161005_124740

設置後に測ると、どこかで漏電するのか、弱まるのだが、それでも80ボルト以上は必ずあった

そして、その電気柵にオオスズメバチが触れると・・

なぜか、うつろな表情(?)で、巣箱のそばで、じーーーっと、たむろするようになったりする

夜になっても、おうちへ帰れないオオスズメバチ・・

DSC08054

写真は、そんな徹夜組の方たち (>_<)

私が期待していたのは、「感電に懲りて、オオスズメバチは、もうミツバチの巣箱に近寄って来なくなる」だった

ミツバチを積極的に襲うような力もなくなるわけだから、養蜂家としては、大喜びすればいいだけなのかもしれない

でも、私は、そういうオオスズメバチを見るのが、本当に辛かった

以前、9ボルトの電池を5本つないで45ボルトにして作った電気柵のときは、オオスズメバチの頭がイカれちゃうっていうことはなかったんだけど、それだけの数の乾電池を管理するのは面倒だったし、もう、やる気が起きない

そういうわけで、電気柵はやらないと決めた

オオスズメバチとも、正々堂々、向き合いたい!
それが、私の養蜂なのだ〜♪

Information

Search

  • Beekeeping
  • Journal
  • Tag

    2014リンゴ箱群 2014味噌ダル本家群 2015椿わき群 2016崖っぷち群 2016杉二股群 2016桜古木群 Chromebook iPhone5s mineo Zenfone Selfie おすすめ おすすめの本 お花畑 きのこ こぼれ種 だれとでも定額パス ていねいな世話 アゲラタム アシナガバチ アジサイ アズキ アミガサタケ アリウム アロエ アロエ・バーケリー アーティチョーク ウメ エキナセア オオスズメバチ オオダイコンソウ オカノリ オカメザサ オキザリス オシロイバナ オリーブ オーデコロンミント カキ カモミール カラミンサ カランコエ ガールマグノリア キイロスズメバチ キク キツネノマゴ キャットミント キワーノ キンシバイ キンリョウヘン クジャク クフェア クリ クリスマスローズ クリムソンクローバー クローバー グラパラリーフ ケール ゲンノショウコ コアジサイ コウゾ コキア コクチョウ コスモス コヒガンバナ コムギ コモチレンゲ コリウス コンニャク コンパクトコレオプシス・シトリーン コンフリー サイハイラン サカキ サザンクロス サツマイモ サルスベリ サンショウ シソ シルバーティーツリー ジャーキー スイカズラ スカシユリ スズメバチ対策 スペアミント スミレ セイヨウミツバチ セミ センニンソウ ソバ タイタンビカス タヒバリ ダンギク チェリーセージ チョウ ツバキ ツルニチニチソウ ドクダミ ナンテン ニシキギ ニホンミツバチ ネギ ネズミモチ ノウゼンカズラ ノビル ハイスピード動画 ハギ ハクチョウゲ ハス ハマナス ハルシャギク ハーブ ハーブガーデン ハーブチンキ バイオチェリー バラ パンジー ヒイラギナンテン ヒマワリ ヒメヒオウギズイセン ヒュウガトウキ ビカクシダ ブラックベリー ブルーベリー プチマレンギ プラム プラム大石 ヘビイチゴ ペトリエ ペンタス ホオズキ ホトトギス ホルディウム・ユバツム ホワイトセージ マルハナバチ マルバストラム マンデビラ ミツバ ミツバチ☆訪花☆ ミツバチレスキュー ミツバチ自然巣 ミニトマト ミント ムカゴ ムラサキハナナ メジロ モクレン ヤギ ヤブマメ ラベンダー ルッコラ レンゲ ローズマリー 分蜂捕獲 切り抜き 園芸店 多肉植物 安納こがね 巣箱づくり 干し芋 楽しむハチミツ 田んぼ 盛り上げ巣 種とり 紅はるか 脚立温室 菜の花 菜園 蜜源植物 車窓より 逃去 野草茶 青汁 飛鳥野萩 食用ホオズキ 養蜂道具

    Archive

  • History
  • Latest

    管理者用:ログイン