蜜都宝林のあるところ

ミツバチに「やさしい」養蜂はじめよう(*'‐'*)♪

ミツバチ☆訪花☆

怒りっぽいミツバチたち、蜜源不足なのかな?

2019年7月16日 author: mitohorin

7月にしては、涼しい日が続いている今日この頃。西洋ミツバチが、ものすごく凶暴になっています  (>_<) 

猛烈警戒モードのミツバチさんたち。

そんなに気温は高くなく、涼むために外に出ているわけではないんです。

最初は、キイロスズメバチが来ているせいかと思っていたけど、キイロスズメバチがまだ来ていないところでも、やっぱりミツバチの気が荒くなっている。別の群の西洋ミツバチや日本ミツバチも、蜜を狙って、うろついているのでしょう。

ある程度の強群でないと、こういう怒りっぽいハチは出てこなかったりします。気の強い外勤蜂たちが、自宅待機になっちゃうほど、蜜源ないのかな?

ふと見たら、ハルジョオンにミツバチ!

クサノオウにも、来てた!

こういう草には、他に魅力的な蜜源があるときは、まったく来ない。

よっぽど、花がないのかもね ( ˙-˙ )

ずっとラベンダーにミツバチ

2019年7月8日 author: mitohorin

今日も来ている、西洋ミツバチ!

ラベンダーに来るのは、西洋ミツバチばかり。

曇っていても、かならず、2匹は来てる!

多いときには、5匹くらい。ミツバチ以外のハナバチも来てる。

ミツバチには、真剣飛翔がよく似合う。

と思う (^w^)

ラベンダーは花期が長くて、ありがたい!

とミツバチも思っていると思う (^-^)

すもも「メスレー」のおいしさに驚く

2019年7月2日 author: mitohorin

今年は、すもも「メスレー」が大豊作!

まさに、す・ず・な・り!

この「メスレー」という品種。「プラム大石」の受粉樹にいいということで、山の土地の開墾直後に植えたもの。

つまり、もう、16年くらい、ここにある。

同じころ、近くに植えた「プラム大石」は、桃栗3年と言うとおり、植えて3年目くらいで実がつき始め、豊作の年もあったが、今から10年ほど前に、完全に枯れてしまった。

そして、「メスレー」は?と言えば、今までは、気づくと、熟れてグチャグチャになった小さな実が数個残っていた、というような記憶しかない。

なんで、今年は、こんな大豊作に?

はい、今日の収穫。先週も同じくらい採ってるんだけど、たった1本の木から、こんなに採れている!

しかも、食べてみて、びっくり!

まるで、「大きなサクランボ」のような、なんともいえない、おいしさなのだ!

ん〜〜、どういうこと〜〜 (‘_’?)

もしかしたら、すぐ近くに、3年ほど前に植えた「バイオチェリー」の影響なのではないか?

「バイオチェリー」は、サクランボ(アメリカンチェリー)と西洋スモモの交配種だそうで、うちでは、昨年から実がなるようになった。

そして、メスレーだけど、味や果肉の質が「さくらんぼ」っぽくなってるし、見た目も、ちょっと「チェリー」寄りになってるような・・

調べると、「メタキセニア」(果実の種皮や果皮、すなわち母親に由来する組織に、受粉した花粉 (父方) の遺伝子の影響がただちに形質として現れる)という現象があるらしい。へぇ〜〜

たしかに、今年の春は、バイオチェリーの花が、すごくよく咲いてたから、あり得るんじゃないかな〜 (*^-^*)

そして、もうひとつ、うれしかったのは・・

なんと、日本ミツバチも、すもも「メスレー」がお気に入りのようだったこと!

採りきれなかった実が、まだ、だいぶ残ってるけど、あとは、みんな、ハチや鳥に、ごちそうしちゃうんだー♪ (^-^)

やっぱり行かねば!ひたち海浜公園

2017年10月10日 author: mitohorin

ミツバチに会いに出かけたくなる秋♪
ひたち海浜公園、行ってみよう!

DSC06035

コキアもいいけど、ハチにはやっぱり、コスモス!

DSC06043

真剣飛翔中のセイヨウミツバチさん (^-^;

キバナコスモスには、ぜったい来てると思ってた!
ほら!

DSC06052

DSC06060

ね!

そして、今回、はじめて見た・・

DSC06084

コスモス「オレンジキャンパス」のお花畑♪

DSC06076

微妙な色合いの花びらに、
私も、うっとりなの〜 (*^-^*)

コスモスって、
いろんな品種があって、たのしい!

コスモス<ミックスカラー>
3個セット 花/種
アマゾン詳細バナー

コスモス<クサントス>
アマゾン詳細バナー

コスモスの<キャンパス>シリーズは、ミツバチで有名な、
あの玉川大学で作出されたんだって!

「学園を彩るコスモス」っていう意味で、
キャンパスと名付けたらしい・・

こちらの記事で、私、イエローキャンバスって書いてるけど、
まちがいだったのね〜 (>_<)

「道の駅ひたちおおた」でミツバチ撮影会♪

2017年10月9日 author: mitohorin

気持ちのいい、秋晴れの日〜♪
はじめて「道の駅ひたちおおた」に立ち寄った

ものすごく賑わっている店内は素通りしてっと・・
だれも見向きもしない花壇、何かが私を呼んでいる?

IMG_8037

わお〜、ミツバチいっぱい! みなさん、カメラのご準備を!

この黄色いキク科っぽい、細い葉っぱの花に、セイヨウミツバチが来てる
花粉団子を付けてるハチが多いみたい

たぶん、コンパクトコレオプシス・シトリーンという植物
今、調べた

IMG_8036

カラミンサにも、ミツバチ!
やっぱり人気ある〜〜

もう1か所、道路側にも花壇を見つけた!
コリウスに来てた、セイヨウミツバチ♪

IMG_8035

カーニオランかな、真っ黒だー
かっこいいよね〜〜 (*^^*)


コンパクトコレオプシス:
チェリーレモネード
アマゾン詳細バナー

コンパクトコレオプシスって、シトリーン以外にもあるんだけど、シトリーンだけ多年草扱い!

丈夫なんだね、原種に近いのかな?

Information

Search

  • Beekeeping
  • Journal
  • Tag

    2014リンゴ箱群 2014味噌ダル本家群 2015椿わき群 2016崖っぷち群 2016杉二股群 2016桜古木群 Chromebook iPhone5s mineo Zenfone Selfie おすすめ おすすめの本 お花畑 きのこ こぼれ種 だれとでも定額パス ていねいな世話 アゲラタム アシナガバチ アジサイ アズキ アミガサタケ アリウム アロエ アロエ・バーケリー アーティチョーク ウメ エキナセア オオスズメバチ オオダイコンソウ オカノリ オカメザサ オキザリス オシロイバナ オリーブ オーデコロンミント カキ カモミール カラミンサ カランコエ ガールマグノリア キイロスズメバチ キク キツネノマゴ キャットミント キワーノ キンシバイ キンリョウヘン クジャク クフェア クリ クリスマスローズ クリムソンクローバー クローバー グラパラリーフ ケール ゲンノショウコ コアジサイ コウゾ コキア コクチョウ コスモス コヒガンバナ コムギ コモチレンゲ コリウス コンニャク コンパクトコレオプシス・シトリーン コンフリー サイハイラン サカキ サザンクロス サツマイモ サルスベリ サンショウ シソ シルバーティーツリー ジャーキー スイカズラ スカシユリ スズメバチ対策 スペアミント スミレ セイヨウミツバチ セミ センニンソウ ソバ タイタンビカス タヒバリ ダンギク チェリーセージ チョウ ツバキ ツルニチニチソウ ドクダミ ナンテン ニシキギ ニホンミツバチ ネギ ネズミモチ ノウゼンカズラ ノビル ハイスピード動画 ハギ ハクチョウゲ ハス ハマナス ハルシャギク ハーブ ハーブガーデン ハーブチンキ バイオチェリー バラ パンジー ヒイラギナンテン ヒマワリ ヒメヒオウギズイセン ヒュウガトウキ ビカクシダ ブラックベリー ブルーベリー プチマレンギ プラム プラム大石 ヘビイチゴ ペトリエ ペンタス ホオズキ ホトトギス ホルディウム・ユバツム ホワイトセージ マルハナバチ マルバストラム マンデビラ ミツバ ミツバチ☆訪花☆ ミツバチレスキュー ミツバチ自然巣 ミニトマト ミント ムカゴ ムラサキハナナ メジロ メスレー モクレン ヤギ ヤブマメ ラベンダー ルッコラ レンゲ ローズマリー 分蜂捕獲 切り抜き 園芸店 多肉植物 安納こがね 山椒 巣箱づくり 干し芋 楽しむハチミツ 田んぼ 盛り上げ巣 種とり 紅はるか 脚立温室 菜の花 菜園 蜜源植物 車窓より 逃去 野草茶 青汁 飛鳥野萩 食用ホオズキ 養蜂道具

    Archive

  • History
  • Latest

    管理者用:ログイン